脱毛の痛みはどれぐらい?

脱毛ってどれぐらい痛いの?

今までずっとカミソリやシェーバー、除毛クリームなどで自己処理していたけど、面倒だし、処理しても数日でポツポツと黒い毛がゴマのように生えてきて逆に目立ってしまって困っている方は多いでしょう。

 

毛抜きで抜くのも時間がかかるばかりでなく、無理に毛を引っ張る事で毛穴が広がったり細菌が入ったりして毛穴が赤く腫れたりする事もあります。それなら近年リーズナブルになってきた「脱毛」にチャレンジしてみたい!と思うけれど、痛みが気になってなかなか踏み出せないと言った声をよく聞きます。

 

脱毛,痛み

脱毛の種類によって痛みの度合いは違います

脱毛方法は大きく分けると3種類あり、それぞれの方法によって痛みの度合いが違ってきます。また個人の肌状態・毛量・部位によっても痛みの度合いが異なってきます。

 

脱毛の種類別に、痛みが弱い順に紹介していきます。

 

電気脱毛(ニードル脱毛)

アメリカ発症の脱毛方法でその歴史は140年以上!一つ一つの毛穴に電気針を挿入する方法で、他の脱毛方法に比べて時間がかかりますが、もう毛乳頭を破壊するので、一度処理された毛穴からは毛が永久的に生えてきません。針といっても、実際に針を刺すのではなく先の丸くなった針状の物から電流を流す仕組みです。

 

ニードル脱毛は肌色・肌質に関係なく処理する事ができ、また医療機関で行われる「レーザー脱毛」やエステサロンで行われる「光脱毛(フラッシュ脱毛」で処理がしにくい細い毛も処理する事が出来ます。

 

脱毛効果が高い分、痛みも他の脱毛方法に比べて一番痛い脱毛方法ですので、痛みに弱い方は途中で挫折してしまう可能性があります。よく言われる輪ゴムを弾いたぐらいの痛みよりもはるかに痛いと思っておきましょう。

 

レーザー脱毛

医療機関のみで医師の診断の元に行われる医療行為になり、レーザーを照射し毛根を破壊させる為、一度処理した毛穴からは毛が再生されません。光脱毛に比べて照射能力の高い脱毛機器を使用しますので、その分痛みが強くなりますが、人によってはさほど痛くないと言う方もいて個人差があると言えます。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)

脱毛サロンで行われている方法で、サロンによってはほぼ無痛の機器を使っている所もあり「子供でも脱毛できる」と宣伝しています。毛乳頭に光を当てて発育を抑制する方法ですので、減耗や抑毛がメインになります。ニードル脱毛・医療レーザー脱毛に比べて、照射の強さが弱く、皮膚への負担も軽いため、肌が弱い人に向いている脱毛方法です。

 

痛みは一般的にちょっと弾かれた程度〜肌が慣れてくると、全く痛みを感じず施術中に心地よくて寝てしまう。なんて人もいる程です。
VIOのデリケート部分や皮膚が薄い部位は痛みを感じやすいので、他の部位よりも痛みが強くなりますが、大抵の人は我慢できる程度だとの感想です。

 

痛みが気になる方はエステサロンで行われる「光脱毛(フラッシュ脱毛)」を選びましょう!
特にディオーネは「ほぼ無痛脱毛」で全く痛みを感じない脱毛機器を使用しているのでオススメです!

どの部位が痛みを感じやすい?

脱毛は部位によって痛みを強く感じてしまう部位があります。

 

一番痛いと言われているのがVIO(デリケートゾーン)になります。毛質が他の部位に比べて硬く、皮膚も薄くて敏感なので痛いのは想像できるかと思います。さらに脱毛のレーザーは黒い色に反応するようになっているので、黒ずんでいたりするとさらに痛みを感じやすくなります。

 

他には眉毛の下や鼻の下など、皮膚が薄く骨と近い部分が痛みを感じやすくなります。

 

肌状態も関係あります

 

乾燥肌

肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下していて通常よりも外からの刺激に弱くなっています。そんな状態で脱毛をすると照射によってダメージを受けやすくなり、痛みとなってしまいます。どこの脱毛サロンでも強く勧めているのが「保湿」安全に脱毛するには大切な事なんです。

 

日焼け後の肌

日焼けをすると、赤く炎症を起こしていたり、通常より肌が乾燥しています。そこへ脱毛の刺激が加わると痛みが強くなってしまうばかりか、肌トラブルにもなりかねません。脱毛の光は黒い色に反応するようになっているので、炎症を起こしていなくても黒く日焼けした肌は脱毛に適していません。

 

毛が濃い

黒い色に反応して毛を処理していく為に濃くて太い毛だと、脱毛の出力を高くする事になり痛みが増す事になりますが、その分脱毛効果が高くなります。

痛みを軽減させるにはどうしたらいい?

日焼けや乾燥した肌が痛みを強めてしまいますので、脱毛前には日焼け対策をしっかりと行い、保湿クリームでしっかりと肌水分を補うようにしましょう。

 

肌の保湿方法

ボディーはお風呂上りにボディーローションで水分量を増やした後にクリームで蓋をしておくとしっとりします、顔のお手入れと同じ要領ですね。お風呂上りのまだ身体が十分に乾ききっていない状態で保湿するのがポイントです。
デリケートゾーンの保湿はボディー用のではなく、専用の物を使うのが安心ですが、低刺激のベビーローションなども使えます。多くの脱毛サロンではサロン専用の保湿ローションやクリームを販売していますが、高額になりがちなので市販の物でも肌に合う物であれば十分でしょう。

 

日焼けを避ける

いくら日焼け止めを塗っていても、海やプールで一日中遊ぶと少なからず焼けてしまいます。腕や足などを脱毛するのであれば、出来れば服で水着の上からカバー出来れば日焼けを防ぐ事が出来ます。うっかり焼けてしまった場合はアロエローションなどで鎮静し肌を冷やしてみましょう。

 

脱毛は毛周期に合わせて約3ヶ月毎に通う為、夏の時期に脱毛施術を避けて、秋頃から脱毛サロンに通うようにし翌夏には毛量がかなり減っている状態というのが理想です。

 

脱毛施術前にしっかり冷やしてもらう

皮膚に熱が加わる事で痛みが生じますので、脱毛前に冷却ジェルやアイスパックで冷やすサロンでは、しっかり冷却をしてもらうのも痛い軽減になります。ですが冷たすぎて逆に苦痛何てこともありますので気を付けて下さい。

痛みは多少あるけれど、脱毛にはメリットがいっぱい!

脱毛するには少ながらず痛みが伴い、出費もありますが、ムダ毛を自己処理しなくて済むようになるため、色々なファッションが楽しめたり、ムダ毛がある事での恥ずかしさもなくなり、肌の黒ずみとサヨナラ出来たりと、メリットが沢山あります。

 

カミソリで剃った腕がチクチクするのが気になり、彼氏と触れる事に躊躇する!なんて事もなくなります。

 

たかがムダ毛・・・ですが、綺麗にする事で自信が持てるようになるでしょう。

 

脱毛,痛み